一等地のワンルーム投資の魅力について

column79

マンション経営は最近では、一棟の建物を建てて行うというよりは、ワンルームのような一部屋に投資をするというようなやり方に注目が集まっています。ワンルーム一部屋であれば、個人でも少額資金で投資をすることができるので、マンション経営の中でも魅力的なものとなっています。
そこで、重要になってくるのは、いかに良い立地にある物件を購入するかということです。もしも人気のないエリアにある物件を購入してしまったら、入居者を確保することができずに、空室状態になってしまいます。空室状態が続けば、その間の家賃はゼロになってしまうので、当然収入もゼロになってしまいます。このような状態を回避するために、人気のある一等地などの物件を購入することが長期的な利益といった観点からすると大事になってきます。一等地のマンションは他のエリアに比べると物件価格が高額になりがちですが、ワンルームであれば、比較的初期費用をおさえて購入することができます。
また、一等地であれば、入居者の確保が容易になり、空室リスクが少ないと考えられます。たとえ退去をする人が出たとしても、すぐに入居希望者が現れるため、余計な広告費を掛けずに済むでしょう。