都心でリスクの少ないマンション経営

column70

都心でのマンション経営は、投資額が大きくなるものの、空室や資産価値の低下といった観点からリスクが低い資産投資の手段といえます。しかし、都心のマンションは家賃も高いことから、投資費用を取り返していくことは可能です。
特に都心は企業や大学、病院といった施設が数多くあるため単身者も多く、ワンルームマンションを中心とした需要は旺盛です。企業の誘致や再開発の動きがあれば地価の上昇も期待することができ、将来的に資産価値を高めることにつながります。今後も開発が進む都心のワンルームマンションには将来性があり、空室リスクの低い安定したマンション経営がでる環境が整っています。