ワンルームマンション経営には好立地な都心がオススメ

column51

2020年の東京オリンピック開催に向けた開発を考慮すれば、ワンルームマンション経営については断然、都心の物件を選択するのが賢い判断だといえるでしょう。
地方には利回りだけを考慮すれば、たくさんの高利回りの物件がありますが、10年、20年の長期スパンで考えるとやはり、利回りが多少下がっても都心の物件の方がリスクが低く、安定した家賃収入を確保できる物件だといえます。バブルの頃ならいざ知らず、今日においてはシビアな視点で投資目標を見定めなければ損失を出してしまう可能性があります。
資金に余裕があれば、マンション一棟などにまとめて資金を投入しがちですが、リスク分散を図るなら、できるだけ区分けされた物件を異なるエリアで複数所有した方が賢明です。緊急的に資金が必要となった場合に1部屋だけを売りに出すこともできますし、火事や災害のリスクを分散するという意味でも賢い判断だといえます。