マンション経営は好立地の都心物件で

column50

マンション経営を行っていく上では多くの要素を考えて投資をする必要があります。その一つにマンションのタイプの違いがあり、ワンルームタイプにするかファミリータイプにするかという要素があります。また、都心か郊外か、さらには地方なのかといった、どの地域の物件を購入するかの要素も重要です。
不動産投資初心者の場合は、空室リスクを避けるという観点から好立地である都心のワンルームマンションへ投資するという考え方もあります。その理由は、単身者や学生が多いという入居者需要の観点と、売却時の資産価値が維持しやすいという面があります。また、日本全体としては人口減少が続いていますが、東京の中心部はまだ人口流入が続いています。ワンルームは、少ない資金で始められるという利点と、維持コストが多くかからないという利点があります。入居者や建物の管理については、信頼できる管理会社に任せれば、修繕への対応や家賃の回収等について頭を悩まされる心配を回避することに繋がるでしょう。
老後の定期的な収入アップや本業にプラスする副業収入としてマンション経営は注目されていますが、メリットとデメリットをよく確認して始めることが大切です。