都心でのワンルームマンション経営の利点について

column45

投資用の物件の購入を考えている方には、都心でのマンション経営がお勧めです。都心はワンルームマンションの賃貸のニーズがとても高く、高い稼働率が期待できます。不動産投資というと、多額の資金が必要と考える方が多いかもしれませんが、ローンを利用することで少ない資金で資産形成することができます。
都心部では単身者の割合が増加しているため、特にワンルームマンションは単身者からの需要が高まっています。そのため、家賃相場も安定して推移しています。さらに効率よく収支をあげるためには、好立地の物件が魅力的です。立地には駅が近いなどの利便性も重視されており、複合的に検討する必要があります。
また、投資用の物件を持つことで、生命保険代わりになるという利点もあります。ローンを利用して物件を購入すると、「団体信用生命保険」に加入することになります。ローン返済中に本人に万が一のことがあった場合に、ローンの残額が保険で返済される仕組みになっています。残されたご家族はローンのない物件を持つことができ、その物件から家賃収入を得続けることができます。このように家賃収入を得続けるためにも、稼働率の高い都心のワンルームマンションを選ぶと良いでしょう。