ニーズをくみ取り、リスクを回避する都心のマンション経営

column40

都心といえば職場や学校に近いことから、居住エリアとしてはニーズが高いため、その分家賃も高くなります。また、都心から外れていたとしても、オフィス街に近かったり、アクセスが便利な立地であれば人気は高く、家賃も高くなります。
マンション経営では、家賃収入で投資した資金を回収し、毎月の家賃収入を得ることが目的になりますが、そもそも肝心の入居者がおらず、空室のままであれば家賃収入を得ることができません。特にワンルームであれば一人暮らしのビジネスマンや学生が入居者のターゲットとなるので、そのような人たちのニーズをくみ取ることで空室のリスクを回避していくことになります。
都心でマンション経営をするとなれば、家賃も高くなりがちになりますので、立地は当然のこととして、他のワンルームマンションと差別できるような個性やこだわりのあるマンションを選ぶことが、空室になるリスクを回避することにつながっていきます。特に人気のエリアでは周辺にワンルームマンションが集まっているので、魅力ある要素があるかないかが重要になります。