ワンルームマンションのオーナーになる

column34

これからは不動産を有効活用して老後や教育資金を作っていく時代です。不動産投資と言えば昔から存在する大地主がアパートやマンションなどを建設し、毎月潤沢な家賃収入を得るイメージがあります。このようなイメージが先行しているため、サラリーマンにマンション経営ができるのかと思われる方も多いようですが、規模を小さくすることでサラリーマンでもマンション経営が可能になります。
具体的にはワンルームマンションのオーナーになることです。たった1室からでも始めることができますし、物件選びとコストの掛け方、そして空室率を下げることで少しずつ部屋数を増やしていくオーナーもいます。自分には絶対に無理なことだと決めつけずに、まずは不動産投資会社に相談をして、空室率が低く安定して家賃収入を得られるようなワンルームマンションを紹介してもらうといいでしょう。まずは多くのワンルームマンション情報を得ることで、物件の見聞きを鍛えていくことです。多くの物件に触れている間に、空室率が低く、収益を上げることができそうな物件を見極めることができます。厳選した1室からマンション経営を始め、着実に利益を上げていくと2室、3室と増やしていくことができます。