東京のマンション経営で、空室リスクを回避するには

column27

マンションのオーナーにとって、いちばん気になるのは空室リスクです。。不動産収入があるということは、多くの人にとって憧れですが、常に空室リスクと隣り合わせです。東京であれば、地方に比べて圧倒的にワンルームマンションの需要は高く、いかに賢く運営するかがカギになります。好立地の新築物件であれば、強気に運営しても良いでしょう。例えば、大学に進学するために上京してくる学生が多くいますが、安心を買うという意味で親が子供の為に好立地で管理のしっかりした物件に住まわせるという需要があります。

しかし、東京の物件でも、駅からのアクセスがいまいちで、築年数も経っている物件ですと、空室リスクは高くなります。これを回避するには、やはり利便性の高い立地のワンルームマンションを厳選することが第一です。そのためにも経験豊富な専門家に相談するのが良いでしょう。また、一度入居した人に、快適な住環境を提供していかに長く住んでもらうかも重要なポイントになります。