ワンルームマンションへの投資のメリットとは

column25

ワンルームマンションの投資のメリットは何といっても初期の投資費用を押えられることです。ワンルームマンションは、一棟不動産やファミリー向けの部屋に比べて低価格ですので、新築物件でも比較的購入しやすく、より安心して運用することが可能です。空室などの心配もありますが、都市部のマンションや駅近の物件、または大学の近くなど継続的に入居者を見込めるマンションを購入することでより安全に運用できます。加えてマンションの価値を下げないために管理体制の整った不動産会社を選びましょう。

ワンルームマンションに投資をすることで、家賃をローンの返済に充てられるのはもちろん、マンション投資にかかった経費などは確定申告をすれば節税対策になるというメリットもあります。ローンを組む際に団体信用生命保険にも加入しているため、万が一の場合も保険から残金が支払われるので、残された家族に資産を残すこともできます。マンション購入後の管理が大変という心配もありますが、賃貸管理を代行してくれる不動産会社や空室の保証をしてくれるところもありますので、購入する前に、物件の良し悪しだけでなく、取り扱っている不動産会社やその後の保証もよく検討してから始めましょう。