ワンルームマンション投資のメリットとデメリット

column22

不動産投資の一つとして、ワンルームマンションに注目が集まっています。ワンルームマンション投資は、長期安定した投資方法として行う人が増えています。メリットをまず考えてみると、土地や建物といった現物があるので、資産がゼロになる危険性が少ないことがあります。また、預金などに比べて利率がよいのもメリットです。保有しているマンションの管理や運営は、専門の管理会社で行うので、日常的に自分で行う業務というものはありません。そのため、会社員などが退職後の収入源として始めるケースも多くあります。

メリットが数多くあるワンルームマンション投資ですが、リスクを知っておくことも必要です。その一つが、空室です。入居者がいなければ収入は得られません。購入するときには、入居が決まりやすいかを考えながら立地条件や部屋の状態などを確認して選ぶことが大切です。中古物件を選ぶときには、設備などもチェックが必要です。設備が老朽化して交換が必要な場合、オーナーがその費用を負担するからです。このようなリスクは、物件を選ぶときに自分で注意することによって減らすことが可能です。もし、どのようなところを注意してよいのか分からないという方は、新築物件を選ぶのが良いでしょう。