マンション経営にはパートナー会社が必要

column19

マンション経営をしているオーナー様のほとんどは、家賃やコストなどの管理を信頼できるパートナー会社に委託しています。マンションを購入し、入居者が無事に決定し、毎月安定した家賃収入が入ってくるのが普通ですが、マンション経営をしている以上、トラブルが発生することがあります。そのなかでも、家賃滞納は一番多いトラブルですが、自分一人で家賃滞納の対処するのはなかなか難しいです。二番目に多いトラブルは住宅設備の故障です。オーナーさんによっては設備について詳しくない方もいるでしょうし、緊急で対応することはなかなか困難です。

そしてトラブルではありませんが、数年おきに行わないといけないメンテナンスの業者選定です。業者の選定を間違えてしまうと、逆にマンションの価値を下げてしまうことにもなりかねません。こうした様々なトラブルなどをスムーズに解決してくれるのが信頼できるパートナー会社です。不動産管理会社とオーナー様とは切っても切れない関係にあります。マンション経営を行う時は、優良物件を探すことも大事ですが、心から信頼できるパートナーを探すことも大事です。「物件は管理で買え」と言われるほどですので、不動産管理会社だけはよく見極めて選定しておくべきでしょう。