不動産投資を選ぶならマンション経営

column13

資産運用に中でも不動産投資は、リスクが少なくだれもが始めやすい資産運用方法と言えます。その中でもマンション経営は少ない資金で始めることができ、老後生活のサポートとして安定した収入を得ることができます。また、マンションを住宅ローンを利用して購入した場合は、借入金に対して「団体信用生命保険」に加入することになります。万が一のことがあれば住宅ローンの残債が保険で支払われ、残された家族は引き続きマンションの家賃収入を得ることができるため、生命保険代わりにもなります。

「衣食住」というように、人が生活するうえで住まいは必要不可欠な要素です。ですから、数ある投資の中でも、マンション経営は景気に振り回されにくく、安定した収入を得ることができる資産運用方法なのです。相続などでまとまった資金を手にした方も、ローンなどで少ない資金から始めたい方でも簡単に始められるのがマンション経営です。