マンション経営で年金対策をする

column09

私たちの年金受給額はこのところ年々減り続けています。高齢社会において、今の若い世代が高齢になったときに現在の高齢者の年金よりも少ない年金しか受け取れないと言われています。どうせ年金など出ないから年金を支払っても仕方がないと考える若い人達も増えています。最近では定年を遅らせる企業も増えており、以前は60歳で定年でしたが65歳まで定年を延ばす動きが出てきています。しかし、60歳を過ぎると給料の見直しなどがあり現役世代よりも少ない給料になるケースも多いのが現状です。また、年金が支給される年齢も徐々に上がっており、60歳で定年を迎えてもその後5年間は年金が受け取れないことになってきています。その場合に年金対策として必要なのが自分で作る年金です。

自分で作る年金には色々ありますが、代表的なものとして年金保険があります。しかし、最近ではマンション経営などをして年金対策をする人も増えているそうです。マンション経営は難しいと感じる人も多いようですが、不動産会社に管理の全てを委託してマンション経営をすることもできるので、普段会社勤めをしているサラリーマンでも大丈夫です。マンションは現金で購入することもできますが、住宅ローンを組んで購入することもできます。サラリーマンで一定の収入があれば金融機関で住宅ローンを組むことも可能です。家賃の収入をローン返済にあてれば費用の持ち出しも少しで済みます。また、ローンを完済すれば家賃は全て収入になるので年金の代わりにもなるのです。